紅 葉

紅 葉

PicMonkey-Collage1
そろそろ京都の清水寺や奈良の奈良公園は葉が色づき始め見頃になるみたいです。三田では光明寺や花山院が有名みたいですが、行ったことはないです・・・。
ところでなぜ葉が赤くなるのでしょうか。
 
気になりませんか。
 
気になりますよね・・・。
 
では紹介させていただきます!!
 
春や夏は日差しが強く光合成をたくさんして栄養を作り貯えます。
しかし秋になってくると日差しが弱くなり光合成で作られるエネルギーが少なくなって、葉を維持するためのエネルギーのほうが大きくなります。すると木は無駄を省くため葉っぱを切り落としていきます。その時に木から葉っぱに栄養や水を送るのをストップします。木がエコモードになって冬眠する感じです。
すると葉っぱの葉緑素(クロロフィルともいいます)が壊れていき、黄色い色素(カロチノイド)が表れてくるのがイチョウの【黄葉】です。
葉が赤くなるのは、
壊れた葉緑素と葉に残っている糖分が合わさり【アントシアン】という赤い色素が作られます。これが増えて葉のなかで赤色が目立っていきモミジなどの【紅葉】になるみたいです。
ちょっとした豆知識でした。
 
最後までお付き合いいただきありがとうございました♪
ブログ記事の一覧へ
ブログ記事の一覧へ
Top